血糖値の上昇を抑える効果があるALA

アミノ酸の一種である5-アミノレブリン酸は、約36億年前に生まれた成分です。
略称で「ALA」とも呼ばれます。
人間の身体をはじめ、植物や動物にも存在しています。

体内のミトコンドリアから作られる為、ALAとミトコンドリアは深い関係にあります。
ミトコンドリアは加齢により数が減少したり、質が悪くなっていきます。そのため、歳を取ると身体の不調や肌の衰えといった症状が現れるのです。また、ALAには血糖値を下げる効果や肥満を予防する作用があります。

体内のミトコンドリアは、食事等から得た栄養を呼吸で得た酸素で燃やしてエネルギーを生み出します。この際に、糖も一緒に燃やしているので、血糖値の上昇を防ぐことに繋がるのです。


ALAは、体内に入ると鉄分と組み合わさり、ヘムという物質に変化して体全体に行き渡ります。

ALAサービスの評価に関する耳より情報を公開しています。

この時にミトコンドリアに働きかけて糖の代謝を高めます。

糖を燃焼してエネルギー生産効率を向上させることで、平常時の血糖値を正常化し、食後の血糖値の上昇を穏やかに抑えることができるのです。



この他にも、体内の活性酸素を除去したり、肝臓内の毒素を分解する酵素になったりと、様々な効果があります。

ALAはほうれん草やピーマン等の緑黄色野菜や醤油、赤ワイン等の発酵食品等、多くの食品に含まれていますが、食品に含まれている量は少なく、食事からの摂取では充分な量を摂取するのは難しいです。そのため、効率的に摂取する為には、サプリメントを上手に活用する必要があります。

現代では健康や美容に関心を持つ人が増えているので、今後ますます注目を集めることになりそうです。